英ピアソン、エコノミスト株50%を売却へ

4.69億ポンド(7億3060万ドル)で売却

画像はThe Economistのトップページ

[ロンドン 12日 ロイター] - 英教育・出版事業大手のピアソン<PSON.L>は12日、保有する英経済誌エコノミストの株式50%を4億6900万ポンド(7億3060万ドル)で売却することで合意した。

普通株については27.8%を、既存株主アニェッリ一族の投資会社でフィアット・クライスラー・オートモービルズ<FCHA.MI>の主要株主でもある伊持ち株会社エクソールに2億2750万ポンドで売却。残りはエコノミスト・グループが1億8200万ポンドで買い取る。

B種株式については全株をエクソールに5950万ポンドで売却するという。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
米中接近の真実

昨年の米大統領選で、トランプ氏は中国に対して攻撃的だった。大統領就任後は、打って変わって融和的だ。ポイントは北朝鮮問題。流動的な米中関係の狭間で日本が進む道を示す。