英ピアソン、エコノミスト株50%を売却へ

4.69億ポンド(7億3060万ドル)で売却

画像はThe Economistのトップページ

[ロンドン 12日 ロイター] - 英教育・出版事業大手のピアソン<PSON.L>は12日、保有する英経済誌エコノミストの株式50%を4億6900万ポンド(7億3060万ドル)で売却することで合意した。

普通株については27.8%を、既存株主アニェッリ一族の投資会社でフィアット・クライスラー・オートモービルズ<FCHA.MI>の主要株主でもある伊持ち株会社エクソールに2億2750万ポンドで売却。残りはエコノミスト・グループが1億8200万ポンドで買い取る。

B種株式については全株をエクソールに5950万ポンドで売却するという。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。