東電・吉田昌郎が背負った「重すぎる矛盾」

その生涯を追って見えてきたもの<後編>

2013年8月23日に青山葬儀所で開かれた吉田昌郎氏のお別れの会
世論の反対を押し切って川内原発が再稼働され、東電の勝俣元会長ら3人が津波対策を怠った嫌疑で強制起訴されることになった。しかし、根本的な問題は何も解決していない。『ザ・原発所長』で、故・吉田昌郎福島第一原発所長の生涯と半世紀にわたる日本の原発発展史を描いて見えたのは、規制当局(政府・経産省)の呆れるほどの怠慢と、電力会社に長年にわたって染み付いた利益最優先の企業風土だった 。
前編=英雄か?犯罪者か?東電・吉田昌郎の功罪

「優秀でありながら、現場に向いている」

背の高い、眼鏡をかけた学生が背をかがめながら、申し訳なさそうな笑みを浮かべて現れた。礼儀正しく、自然体で会話が始まった。訊きづらいことでも嫌味なくさらりと訊く。優秀でありながら、現場に向いていると思った。他にどこを受けているのか訊くと、通産省に内定をもらい、公務員試験も受けるつもりだと正直に話した。この男が監督官庁にいけば、手ごわい相手になると思い、東電に強く勧誘した。
                   ――吉田昌郎氏を採用面接した元東電役員の述懐

 

1979(昭和54)年4月、吉田氏は東京電力に入社した。年初にイラン革命が勃発し、第二次石油危機が起き、入社直前には米国のスリーマイル島原発事故が起きた。

最初に配属されたのは福島第二原発2号機の建設事務所だった。上司の副長(一番下の管理職)は、3・11の危機の際に官邸から海水注入中止の指示を出し、今般、津波対策を怠った業務上過失致死傷容疑で強制起訴されることになった武黒一郎氏(元副社長)だった。

当時、福島第一原発は6号機まで営業運転を開始していたが、トラブルの連続だった。GEは「我々の軽水炉は完全に実証された原子炉」と豪語し、東電がネジ1本換えることも許さなかったが、いざ運転を始めてみると、1号機の起動試験運転中だけで2600件の修理依頼があり、3号機は臨界事故まで起こした。

生前の吉田昌郎氏(写真:TEPCO/アフロ)

またGEは竜巻の経験はあるが、津波のことはまったく念頭になく、電源盤や非常用ディーゼル発電機などを、補修がやりやすいよう、建屋の地下にまとめて設置しており、これが3・11の大惨事を招いた。

私は今般上梓した故・吉田昌郎氏のモデル小説『ザ・原発所長』を書くに当って2年間取材したが、東電の政治色の濃さが印象的だった。吉田氏が入社した頃の東電の交際費は年間20億円で、政治家のパーティー券購入や原発の地元対策費にあてられていた。自民党の選挙カーが原発の近くに来ると、職員たちが道端に勢揃いして迎え、執行役員以上は自民党の政治資金団体に毎年献金していた(執行役員だった吉田氏は毎年7万円)。また経済産業省からの天下りは2011年まで50年間受け入れ、政治家の元秘書などを子会社で雇っていた。原発の地元では、反対派住民の間に楔を打ち込むように、数多くの社員を採用していた。

次ページ順調だったサラリーマン人生
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。