「原子力ムラ」を生きた東電・吉田昌郎の功罪

その生涯を追って見えてきたもの<前編>

事故前の福島第一原子力発電所(写真:Haruyoshi Yamaguchi/アフロ)
福島第一原子力発電所の元所長・故吉田昌郎氏を描く『ザ・原発所長』を執筆するため、2年間の取材を行った。取材を通して見えたのは、社畜でも英雄でもなく、原子力ムラと東京電力の論理の中で忠実に生き、その問題点と矛盾を一身に背負って逝った、1人のサラリーマンの姿だ。日本における原子力発電の歴史を重ねることで浮かび上がってきた等身大の吉田氏とは? 前後編で吉田氏の生涯を振り返る。

日本の原発発展史と重なる、その生涯  

愛国心の名のもとに、幾多の人が死んでいった戦争から、25年経った今、またもやその言葉が用いられるようになった。安全保障条約や沖縄問題・北方領土問題をつきつめていくと、必ず出てくる問題、それが愛国心だ。では、愛国心とは何なのだろうか。愛国のために、人間が死んでいってもよいものなのだろうか。

 

集団的自衛権や尖閣諸島という言葉を入れれば、そっくり現代にもあてはまりそうなこの作文を書いたのは、東電福島第一原発の所長だった故吉田昌郎氏である。中学3年にしては早熟なこの文章を書いたとき、41年後に自らの愛国心を顧みる余裕もないまま、修羅場に立ち向かう運命を背負わされているとは、むろん知る由もなかった。

私は、福島第一原発事故でリーダーシップを発揮した吉田氏が、どのような環境と時代を生きたのかに興味を持ち、2年間の取材を経て、今般『ザ・原発所長』を上梓した。吉田氏は、サンフランシスコ講和条約で日本が独立を回復した1952(昭和27)年から3年経った1955年2月生まれで、その生涯は、日本の原発発展史と軌を一にしている。

福島第一原発事故の記録を読んで感じるのは、吉田氏のリーダーシップとユーモア、そして芯の強さである。「限界なんていうなよ。俺たちがやらないと誰もやる人間がいないんだぞ」と叱咤したかと思うと、「それ、大、欲しいです!」と冗談まじりで本店とやり取りをする。誰もが怯えた菅首相に対しては一歩も退かなかった。

吉田氏が小学校時代に 住んでいた松屋町筋の公団住宅

リーダーシップは一人っ子ゆえの我の強さ、ユーモアは吉本新喜劇、芯の強さは大阪の商業地区の厳しい躾からきているようだ。この3つの特質は彼の生涯を通じて見られる。

大阪のミナミのすぐ東側に松屋町筋という、菓子、玩具、紙器などの問屋や小売店が軒を連ねる商店街がある。米軍の爆撃で一帯は大半が焼失し、今でも路地や長屋や地蔵の祠が多い。吉田氏が通った金甌(きんおう)小学校の地下には、立ち入り禁止の防空壕跡があった。近くの空堀商店街は、江戸時代から続く活気に満ちた庶民の市場である。子どもの躾は、どこの家庭も大阪商人流で非常に厳しく、大人たちは、よその家の子どもでも遠慮なく叱り付けていた。

次ページ毎週土曜日に楽しみにしていたものとは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。