オキュラス、仮想現実利用映画第2弾を公開

端末を利用すると360度パノラマに

 7月28日、米フェイスブック傘下で仮想現実(VR)端末を手掛けるオキュラスは、ハリウッドの映画製作者から注目を浴びるVR技術を利用した映画第2弾「Henry(原題)」を公開した。写真はオキュラス提供(2015年 ロイター)

[ビバリーヒルズ(米カリフォルニア州) 28日 ロイター] - 米フェイスブック傘下で仮想現実(VR)端末を手掛けるオキュラスは28日、ハリウッドの映画製作者から注目を浴びるVR技術を利用した映画第2弾「Henry(原題)」を公開した。

本作でオキュラスのウエアラブル端末のヘッドセット「リフト」を利用すると、ツリーハウスの中に入って360度パノラマの空想世界を見渡すことができ、ハリネズミのヘンリーと共に誕生日を祝うことができる。

オキュラスは、ウォルト・ディズニー傘下ピクサーの技術者やアニメーターで映画製作部門「ストーリー・スタジオ」を設立している。本作は短編映画5本の一部となる予定だが、同スタジオによると、商業ベースで公開する予定はなく、あくまで試作品だという。

オキュラスの創業者、パーマー・ラッキー氏は「誰もがVR技術を気に入るとはまったく思っていないが、誰もがこの技術を利用するようになるだろう」と述べた。

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。