VR技術は「ニュース消費」をどう変えるのか

米国で注目される没頭型ジャーナリズム

(写真:AP/アフロ)

米国の調査会社の調べによると、この技術の活躍が期待されてきたゲーム業界では、2012年には4.56億ドルに過ぎなかった市場規模が、2019年には10倍超の58.4億ドルが見込まれている。

日本企業の中では、ソニーがプレーステイション4向けのデバイス「Project Morpheus」を開発し来年の出荷を予定するなど主にゲーム業界にとって有望な新技術と受け止められてきたが、この盛り上がりが、今度はジャーナリズム業界、報道の世界に伝播しようとしている。それもまさに、今年盛り上がり始めたところだ。

盛り上がり始めたVRジャーナリズム

画像を拡大
「プロジェクトシリア」のワンシーン(左) 「ウォーカーニューヨーク」より。こちらのサイトで、アプリがダウンロードできる。(右)

米国で毎年開かれる一大シンポジウム「インターナショナルジャーナリズムオンオンラインジャーナリズム」(ISOJ)が4月17日、18日に開催され、16回目を迎えた今年初めてVR(バーチャルリアリティ)のジャーナリズム活用に関するセッションが設けられた。参加者は会場で、内戦によって国を追われた100万人の子供たちを描いた作品「プロジェクト・シリア」を実際に体験できた。

それに呼応するかのように、約2週間後の4月27日にはNYタイムズが広告主向けにVRコンテンツを提供していくことを発表し、NYタイムズ・マガジンの取り組みとして、ヘリコプターからの空撮と地上のニューヨークの街並みが360度・3Dで体験できる「ウォーキング・ニューヨーク」がすでにリリースされている。翌28日にはインターネット雑誌会社のサロン・メディア・グループのCEOが、VRなどのテクノロジーがメディアを変えるだろうとの記事を寄稿した。

次ページなぜVRなのか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。