吉野家は「利益6割減」から巻き返せるのか

牛肉関連が大打撃、注目ポイントは2つ

5月に投入した「ベジ丼」も、客数減のトレンドを食い止めるまでには至っていない(撮影:梅谷秀司)

まさに、牛肉に振り回された決算だった――。牛丼チェーン「吉野家」を展開する吉野家ホールディングス(HD)は7月9日、2015年度の第1四半期(3~5月期)の決算を発表した。売上高は458億円と前年同期比で3.4%増となった一方、本業の儲けを示す営業利益は同58.9%減の3.6億円という着地だった。

増収となった要因の1つが、傘下のうどんチェーン「はなまる」が好調に推移したことだ。前期に出した店舗分の上乗せがあったほか、油分をカットしたヘルシー天ぷらのキャンペーンが奏功した。持ち帰りずしや回転ずしを運営する京樽も、「本まぐろ祭り」と銘打った販売促進策が効き、前年同期比で増収となった。

だが一方で、営業利益は6割近いマイナスに落ち込んだ。大きく足を引っ張ったのが、吉野家や「ステーキのどん」といった牛肉関連事業だ。

客数減と食材高のダブルパンチ

吉野家は昨年12月、牛肉価格の高騰を理由に値上げに踏み切った。河村泰貴社長は値上げ発表直後、東洋経済のインタビューに対し、「価格改定をした場合、最初の3カ月の影響が大きく、その後は緩やかになる」と話していた。

だが、値上げしてから3カ月が経過した後も、客数減のトレンドは変わっていない。新年度に入った2015年3~5月の既存店客数は、前年同月比で2ケタ減の状況が続いている。その結果、国内吉野家の部門売上高は228億円と、前年同期比で1.8%のマイナスとなった。

ただ、それ以上にインパクトが大きかったのが、主要食材である牛肉価格の高騰だ。牛丼に使用される米国産ショートプレート(牛バラ肉)の価格は、円安の進行や米国での干ばつ影響で、昨年9月に1キログラム当たり1000円を突破。わずか1年で2倍にハネ上がった。

次ページ昨秋の高騰がなぜ今、影響するのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。