「異常に持ち帰りが多くなった」天丼店の真実

当事者さえもわからなかった謎を解く

お手頃な価格で食べられる「天丼てんや」の天丼
世の中にあふれるさまざまな統計やデータ。これを基にしていろいろなランキングが作られるワケだが、中にはなぜそうなるのかの理由が、すぐにはわからないような"世にも不思議なランキング"がある。
TBSテレビ『世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?』(原則として毎週月曜よる7時<一部地域はよる8時>放送)は、そんなランキングデータの謎を解き明かす番組だ。「なんで△△が○位にランクインしているのか?」。その裏側を探ると、驚きの事実が次々に明らかになってくる。取材班が直面した不思議なランキングの一端をご紹介しよう。

 

天丼1杯が500円(並盛)からというお手頃な価格で食べられる「天丼てんや」をご存じだろうか。ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」のほか、機内食やホテルなどを手掛けるロイヤルホールディングスグループのテン コーポレーションが運営する外食チェーンのひとつだ。

直営・フランチャイズにより、首都圏を中心に国内160店強のネットワークを構える。その「天丼てんや」にまつわる不思議な現象を示すランキングがある。

1位の店舗は数でも断トツ

■「天丼てんや」で「持ち帰り」が多い店舗(2015年)
1位 ビーンズ赤羽店(東京・北区)
2位 川口店(埼玉・川口市)
3位 川崎アゼリア店(神奈川・川崎市)
4位 昭島モリタウン店(東京・昭島市)
5位 西葛西店(東京・江戸川区)
(出典:テン コーポレーション)

 

注目は1位のビーンズ赤羽店。1日に360食以上の天丼を「持ち帰り=テイクアウト」で販売する。てんや全チェーンの平均が100食程度なのに対して圧倒的に多い。売り上げ構成を見るともっと顕著で、その8割以上がテイクアウトだという。

不思議なのはビーンズ赤羽店でテイクアウト客が急増したのは、つい最近ということ。同じランキングを少しさかのぼると2013年は全国9位だったが、2014年に2位へと一気にジャンプアップ。今年、1位に躍り出た。

店内で食べれば味噌汁が付き、おしんこも食べられる。何よりできたてだし、それこそが外食店で食事する醍醐味。にもかかわらず、なぜそこまでテイクアウト客が多いのだろうか。

次ページ理由を尋ねるとまさかの答えが……
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • Facebook-
Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
丸井「大人宣言」の成算

ヤングファッションで一時代を築いた丸井グループ。百貨店からショッピングセンターに業態転換を図る。「花の1階」で食品を売る、衣料品を5割から3割へ…。その成否はいかに?

  • 新刊
  • ランキング