岩手「イジメ自殺」は、なぜ防げなかったのか

またもや果たされない学校の説明責任

どうしてSOSが届かなかいのだろうか(写真 : YsPhoto / PIXTA)

去る7月5日、岩手県矢巾町で、中学生・村松亮君がイジメを苦に自殺しました。「中学生がイジメを苦に自殺」と聞いても昔のように驚かず、いけないことですが心のどこかで、「またか」という一種の慣れのように感じることが、私にはあります。そんな私ですが、この事件には仰天しました。

2カ月前から担任教師との連絡ノート(生活記録ノート)に、イジメられていることを書いていたというのです。

7月8~9日の大手各新聞によりますと、「なぐられたり首しめられたり悪口言われた」「体操着や教科書がなくなった」「もうつかれました。もう氏にたいと思います」「しんでいいですか?(たぶんさいきんおきるかな)」「もう市ぬ場所は決まってるんですけどね」などと書いていました。わざと、「死」という漢字の使用を、なるべく避けているところに、村松さんの深刻な心境を読み取ることができると思います。

担任の対応によって、さらに生徒を孤立

この書き込みは担任への訴えか相談ですが、担任からの回答は、はぐらかしのように見えるものです。「(略)首をしめられたりしている」という訴えには「それは大変、もう解決したの?」と書き、「解決していません」という書き込みには、担任は何もコメントをせず、二重丸をつけて返しています。

「先生にはイジメの多い人の名前を教えましょう」には、「上から目線ですね」と答え、最後の「ぼくがいつ消えるかわかりません」の訴えには、「明日からの研修、たのしみましょうね」です。その数日後、村松さんは自死しました。

次ページ学校の校長と担任は明確な説明責任を果たす必要
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。