激務でも心が折れない人が持つ「3つの習慣」

ネガティブ感情はこう「流す」

皆さんもネガティブ感情に感染して、被害者になった経験はありませんか? または、自分で抑えきれなかった感情で、ほかの人に悪影響を及ぼしたことはありませんか?

ストレスの宵越しをしないための習慣とは?

職場でのストレスも、その結果生まれるネガティブ感情も、できるだけ早く解消することが心の疲労を防ぐうえでも大切です。

仕事で活力と意欲を維持することができる人は、ストレスの宵越しをしません。その日のうちに、ネガティブな感情の「気晴らし」をする習慣を持っています。忙しいときには、週末の時間を使って気持ちを切り替え、ネガティブ感情を引きずらない工夫をしています。

科学的根拠のある「気晴らし」の4つの方法があります。ぜひ、皆さんも参考にしていただき、仕事後や週末の習慣をして生活に取り入れてみてください。

 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。