ビットコインに思わぬ「ギリシャ需要」

1年半ぶり長期連続上昇へ

 6月16日、仮想通貨「ビットコイン」が一時7%上昇した。写真はパリで5月撮影(2015年 ロイター/Benoit Tessier)

[ロンドン 16日 ロイター] - 16日の取引で、仮想通貨「ビットコイン」が一時7%上昇。昨年1月以来1年半ぶりの長さとなる6営業日連続で上昇する見通しだ。ギリシャのユーロ圏離脱に対する懸念から、投機筋や同国預金者から買いが入っている。

大手取引所、ビットスタンプで、ビットコイン<BTC=BTSP>は一時約2カ月ぶり高値の252.05ドルをつける場面があった。その後、やや値下がりしたものの、約4%高の245.21ドル付近で推移した。

市場関係者の1人は、当局への信頼感が薄れ、ギリシャの投資家らがビットコインに買いを入れていると指摘した。

別の関係者は、ギリシャのユーロ圏離脱や、資本規制導入への懸念が、ビットコイン相場を押し上げる可能性もあるとみる。

市場では、ユーロ圏離脱を回避するため、ギリシャがビットコインのような仮想のパラレル通貨「デジドラクマ」を導入し、年金受給者や公的部門の労働者への支払いに使う可能性があるとの見方も出ている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。