サントリーは新しいビールで何を仕掛ける?

ライバルメーカーが競争激化を警戒

サントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」と「モルツ」。次の新商品名とは?

(6月18日12時35分追記)「ザ・プレミアム・モルツ」の価格が競合品よりも安い点について、容量が20ミリリットル少ないことを付記しました。それに伴い、初出時の本文を一部修正しています。

発売前にもかかわらず、サントリーのビール新商品が、ライバルメーカーの間で波紋を広げている。

6月23日の新商品説明会を前に、サントリーが明らかにしているのは、スタンダードビールということだけ。旗艦ブランドの「ザ・プレミアム・モルツ」よりも価格帯の低い商品を投入する見通しだ。そうした中、業界内でささやかれる新商品名は”ザ・モルツ”。ライバル勢はこの商品投入を契機とした競争激化を警戒している。

ビールは国内で勝負する

たとえば大手コンビニで、ザ・プレミアム・モルツの缶ビールの価格は245円と、サッポロ「ヱビスビール」やアサヒ「スーパードライ ドライプレミアム」よりも10~15円安い。これは容量が330ミリリットルと、他社の商品に比べて20ミリリットル少ないためだが、値頃感を出していることは確か。コンビニという有力な販売チャネルで、どんな打ち出し方をするのかが注目されている。

現在、サントリーがスタンダードビールで展開するブランドは「モルツ」だが、昨年の販売数量は419万ケースと、年間1億ケースを超すアサヒ「スーパード ライ」など、競合の主力ブランドの足元にも及ばない。今秋にも投入が予想される新商品を主力品と位置づけ、シェアを本格的に奪いに行くという戦略は十分に考えられる。

ビール市場におけるサントリーのシェアは15%でアサヒ、キリンに次ぐ3位。「海外はウィスキーで攻め、ビールは国内で勝負する」という明確な方針を掲げており、国内市場が縮小を続けている以上、シェアアップには他社のパイを奪うしかない。

次ページ背景に酒税法の改正も
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。