ハイアールの液晶冷蔵庫を生んだ"三洋魂"

透明な洗濯機も登場、独創性で再起かける

新製品発表会に立つハイアールアジアの伊藤嘉明社長。左から液晶パネルを搭載した冷蔵庫「DIGI」、スター・ウォーズのキャラクター型の冷蔵庫、透明の洗濯機と、斬新なデザインの製品が並んだ(撮影:大澤誠)

白モノ家電の世界最大手・中国ハイアールの傘下で、日本と東南アジア地区を統括するハイアールアジア(HA)。彼らが6月2日に発表した白モノ家電の新製品は、見た人の度肝を抜いた。映画のスター・ウォーズに登場するロボット「R2D2」型の冷蔵庫、スケルトンで洗浄の様子が見える洗濯機、水を使わずに服を除菌・消臭できる「衣類エアウォッシャー」……。いずれも、発想が家電の枠を超えている。

なかでも、独創品で勝負するHAの姿勢を象徴するのが、液晶パネル付冷蔵庫「DIGI」だ。冷蔵庫の上下の扉にアンドロイドOS搭載の液晶パネルが設置されており、手の動作によって、インターネット上で食材を購入したり、パネルに映る服を試着して注文したり、家族間で動画メッセージを交換したりと、さまざまなサービスを利用できる。

「冷蔵庫は冷やすだけ、という役割を終える」。新製品発表会でHAの伊藤嘉明社長はそう言い切った。

 ベンチャー風オフィスには中高年ばかり

熊谷市に新設した研究開発拠点

埼玉県熊谷市のJR熊谷駅から徒歩10分。ここに新型冷蔵庫を生んだHAの研究開発拠点がある。2015年3月に開所したばかりで、中に入ると、社員が特定の机を持たないフリーアドレスの真新しいフロアが広がっている。まるで若手ベンチャー企業のオフィスのようだ。

が、異なるのは従業員の年齢。白髪交じりの中高年が目立つのだ。それもそのはず、ここの従業員の多くは旧三洋電機の冷蔵庫の開発メンバーなのである。

三洋は白モノ家電部門をハイアールに買収され、その他の多くはパナソニックが引き取った。冷蔵庫事業については、業務用の大型冷蔵庫がパナソニックに、一般家庭用の冷蔵庫はハイアールに渡った。その部隊が、「DIGI」開発メンバーの大半を占める。

「冷蔵庫にディスプレイなどつけて、売れるわけがない」。国内大手家電メーカーの幹部は冷ややかだ。しかし、出してみないと売れるかどうかは分からない。そうした新発想でのチャレンジを、国内勢が積極的に仕掛けてこなかったのも事実だ。ではどうやって、HAはこの独創的な製品を生み出したのか。

きっかけは、2014年2月の伊藤社長の就任だった。伊藤社長はタイで育ち、米国の大学を卒業後、日本コカ・コーラやデル、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントなど複数の業種を渡り歩いた異色経営者。白モノ家電業界では「よそ者」を自認する。その、よそ者ならではの視点で、新製品開発をリードしている。

次ページ液晶つけたら重さが3倍に
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。