周防監督「裁判所はあなたを守ってくれない」

「それでもボクは会議で闘う」に込めた思い

裁判所が変われば裁判も変わる?(写真:梅谷 秀司)
「10人の真犯人を逃すとも、1人の無辜を罰するなかれ」──著者はかつて監督した映画の冒頭にこの法格言を掲げた。法制審議会特別部会の委員として「小さいけれど、確かな一歩」を踏み出すまでを描いた「記録本」に込めた真意とは。

──3年に及ぶ刑事司法改革ドキュメンタリーです。

僕が体験したことのすべてを伝えることはできない。だが、こういう審議会の場で誰が何を言い、どのようなことがあってどの部分で僕が妥協したのか。なぜそうせざるをえなかったのか、記しておきたかった。これを一つの例として、法律がどうできていくのかを伝えるべきだと思った。日本はお上が強い国だし、会議で法学者に言われたが、専門家に任せておけばいいで済ませがちだ。そうではなく、素人の僕なりにほかの多くの素人に、こんなふうにして法律はできていくと伝えたかった。

法律は専門家のためにあるわけではない

──議論の相手は法曹界の人たちでした。

プロフェッショナルな人たちは勝手が違ったと思う。

彼らが使う言葉は法律用語であり、法曹界の常識という手垢にまみれた言葉だ。専門家同士だと、お互いが共通認識を持つ前提での議論となる。ところが素人相手ではそうはいかない。どんな世界でも素人には、知らないからこそ言えるという強みがある。素人の疑問に、専門家がきちんと答えられるのか。そこが大きな問題だと思う。

僕が会議でがっかりしたのは、学者の人たちが俎上のテーマについて、法的整合性が取れる・取れないという判断だけして、問題解決に向けてのアイデアをほとんど出さなかったことだ。決められた法律の中で生きていく素人に対して、学者は説明責任を果たしていない気がする。

僕らが提案したアイデアに法的不整合があるとしたら、その不整合をどう乗り越えたらいいのか考えを聞きたかった。法律は専門家のためにあるわけではない。専門家の人たちは自分たちの力の使い方を勘違いしているのではないか。

──委員に一般有識者が参加しました。

もともと法制審議会特別部会は、村木厚子さん(現厚生労働事務次官、部会委員)が起訴された「郵便不正事件」での、検察の証拠捏造という大阪地方検察庁の不祥事が契機でできた。かねて供述調書にあまりに依存してきた日本の裁判のあり方を考え直さなければいけない。そのために特別部会ができ、今までの法制審議会ではなかった一般有識者といわれる非法律家7人の参加となった。

次ページ刑事裁判における3つの疑問点
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。