13億を率いる中国権力中枢の最深部に迫った

「中国皇帝」を巡る人類最大の権力闘争

(写真 : リュウタ / PIXTA)

これは凄い本だ。大手新聞紙の発行部数が下落し始めて久しいが、本書で描かれるような記者の情報収集能力の高さを目の当たりにすると、新聞社というシステムが持つリソースの潤沢さを思い知らされる。

著者は朝日新聞の北京特派員として、6年弱にわたって中国報道の最前線に立ち、共産党内部の権力闘争を追い続けた。体を張って共産党員とのパイプを築き上げ、当局による幾度のもの取り調べに合いながらも、中国の権力の最深部に迫っていく様は、日本のジャーナリズムの衰退などどこ吹く風だ。

そして描かれる様々なエピソードはまさに桁違いのスケールである。副題にある「人類最大の権力闘争」はまったく言い過ぎではない。

善行も悪事も日本とは桁違い

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

ロサンゼルスには将来的なアメリカへの移住を見越した中国政府高官の愛人を住まわせる村が存在し、彼らは6億円もの豪邸をキャッシュで買って行く。愛人は高官たちが中国本土で違法に蓄えた資産のマネーロンダリングに使われるのだが、その規模は2008年までの10年で日本円にして14兆円を上回る。

全共産党員8600万人の中で、習近平の腐敗撲滅キャンペーンで処分された党員は2年で25万人に及ぶ。日本でも最近話題となった薄熙来が失脚までに築いた資産は7200億円、その薄の後ろ盾で同じく失脚した周永康の一家の摘発された資産は2兆2千億円などなどキリがない。

もちろん、ただ悪事を働いて蓄財すれば出世できるほど中国共産党は甘い世界ではない。前述の薄熙来が重慶市の代表であった際は、40もの河川の水質を浄化、貧困層のために100万もの住戸を建設し、国民的な人気があったという。善行も悪事も日本とは桁違いだ。

次ページ習近平体制が権力基盤を固めるまでの、全面抗争の内幕
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。