週2回・パートでの社会復帰は「甘い」のか?

10年ぶりの復職を前に心が折れそう

(写真:KAORU/PIXTA)
結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。
※お悩み相談はこちらのアドレス(onna-sodan@toyokeizai.co.jp)まで

 今回は、久々にパートで会社復帰の予定があるものの、かつての同僚たちに苦言を呈されてしまった女性からのお悩み相談です。

【ご相談】
30代専業主婦です。出産以来、ずっと専業主婦をしていたのですが、元の職場の上司からお声掛けいただいて、6月から10年ぶりに仕事復帰することになりました。
まだ下の子が幼稚園で、平日には上の子の習い事の送迎もあるため、①週2回(月曜と木曜のみ)のパート、②夏休みと春休みはシフトに入らないという条件ならと、上司にも快諾してもらったのですが、いざ、現場へあいさつに顔を出してみたら、かつての同僚たちから「あなたは甘い」というようなことを言われてしまいました。
その同僚たちも子育て中なのですが、保育園に子どもをフルで預けて働いていたり、祖父母に預けていたり、ファミリーサポートを使っていたり。あなたもそうやってもっと働けるはず、と言うのです。でも、私はもともと子育てを優先させたいと思っていたところに、元の職場が人手不足で困っていると聞き、少しだけならお手伝いできるかもという考えでした。
こんな考え方で、社会復帰しようとした私が悪かったのでしょうか。親しかった元同僚たちに責められながら働いていくのはつらく、彼女たちの言うことを聞いて、もっと多く働くことを覚悟すべきなのか(自分の希望ではありませんが)、いっそ復帰はしないで辞退すべきなのか、悩んでいます。
またそのどちらでもなく、自分がお願いした条件に近い形で働いていくとしたら、同僚たちとうまくやっていくためにはどうしたらいいのか。アドバイスのほどお願い致します。

想像力をフル回転させてみよう

10年ぶりの職場復帰か~。ドキドキですね! 「あなたは甘い」と言われちゃ、緊張も手伝って「ガーン」って気持ちにもなったでしょうね。会社を出た後、もやもやした気分になって、トボトボ歩いている姿が目に浮かんできます。私なら一杯ひっかけたくなるところですねぇ。

でもさ~。あんまり、気にしなきゃいいだけなんじゃないの(笑)……と答えてしまうと、これ以上書くことがなくなって、編集者の方にしかられますので、少し感じたことを書きます。

次ページ彼女たちの真意は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。