"できるママ"が集まる企業の「仕掛け」とは?

4社の実例で効果的な手法が分かった!

会社の中心となってくれるママ社員を採用したかったと語るウェルスタイルの谷生芳彦社長(左)と、ディレクターの太田悠紀子さん(右)

子育てに励むと同時に、仕事への意欲も高まっていく――。夫の転勤や出産などを機に女性が企業勤めを辞めてしまうと、復職へのハードルは高い。とりわけ、小さい子どもを抱えて時短勤務を望む女性を積極的に採用する企業は少ないからだ。しかし、その現実を逆手にとって、子育て中の優秀な女性を呼び込むことに積極的な企業もある。

ケース1  ウェルスタイル
サービスを自分事としてとらえてくれる女性が必要だった

『子育て中のママの採用も積極的に行っています。時間短縮や曜日指定なども可能ですので、お気軽にご応募ください』 

子供がいても安心して働ける!

採用情報ページにあるこのフレーズを見て、安心して応募することができたと語るのはウェルスタイルでディレクターを務める太田悠紀子さんだ。

兄弟の影響もあって幼いころからゲームに慣れ親しんできた太田さん。大学卒業後ゲーム会社に就職。数十人がかかわる大型作品のゲームプランナーとして、ハードワークをこなす毎日を送っていた。やがて結婚、出産。育休後に復職した約8カ月後に、太田さんは退職した。

「会社のサポートもありましたし時短勤務で復帰したので、物理的な問題はありませんでした。辞めたのは心境の変化からです。ゲームプランナーの仕事は自分もゲームをすることが必要で、日ごろからプレーしていないと感覚もついていかない。ところが、育児をするようになると、自分が使える時間は1日に1~2時間あるかないか。その時間をゲームに使うか、育児などに使うかと考えると……。子どもが喜ぶことをしたい、子どもにつながる何かをしたいと、思考のベクトルが変わったのです」

家族限定のクローズドSNS『wellnote(ウェルノート)』を運営するウェルスタイルは、子育て世代と祖父母といった家族間で動画や写真を共有するアプリを提供している。フェイスブックで子どもの写真を共有するのは抵抗がある、離れて住む祖父母に孫の様子を見せてあげたいといったニーズに支えられ、この半年で伸び率は倍増中。「コンセプトは“スマホで持ち歩ける茶の間”。ユーザーには無償でアプリを提供し、シニアまで含めたインターフェイスをしっかり作っている。

子育て世代の両親と、祖父母というシニア層にアプローチしたい企業に対して、マーケティング支援を行うのがビジネスモデル」と谷生芳彦社長。実際、ユーザーの3割が50歳以上だという。4月からは家族と教育・保育施設をつなぐ『wellnoteスクール』の展開も本格化。これは、教室で子どもが過ごしている様子を写真や動画で家族に配信するサービスで、施設の差別化にもつながりそうだ。

次ページママ大歓迎をうたう理由は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。