ソニー「急回復シナリオ」は課題がいっぱい

5000億円投資で新しい収益柱は育つか

「大事なのは失ってしまった市場からの信認を回復すること」と吉田CFOは述べた。

ソニーが4月30日に発表した2015年3月期(2014年度)決算は、厳しい内容だった。売上高8兆2158億円(前期比約6%増)、営業利益685億円(同約2.6倍)。不振のスマートフォンの減損計上などが響いたことで、期初見通しの営業利益1400億円を大きく下回る結果となった。

ソニーにとっては“守り”の年だったといえる。同じく不振だったパソコン事業の売却や、本社・販売会社の人員削減などの構造改革を実施。前述のスマホ減損を合わせ、営業利益ベースでは計約3300億円もの減益要因が発生していた。「(赤字事業の)止血のため、いろんなアクションを実行した1年だった」(吉田憲一郎CFO)。

2015年度計画は実質減益?

流血を止めたソニーが同日発表した2016年3月期(2015年度)の計画は、売上高7兆9000億円(前期比3.8%減)、営業利益3200億円(同約4.7倍)という減収増益計画。数量ではなく好採算品に集中することで減収となるものの、営業利益は2008年3月期以来の高水準で、急回復ともいえるレベルだ。2014年度は上場来初の無配に転落したが、今年は中間配当10円への復配も決めた。

成長を牽引するのは、世界シェア首位のイメージセンサーを含むデバイス分野や、映画、音楽など。だが最大の底上げ効果をもたらすのは、構造改革関連の費用圧縮だ。前期は計3300億円にものぼったが、今期は約450億円にまで縮小する見通し。計2850億円ものプラス影響になるが、これを除くと実質的には減益との見方もできる。

次ページソニーが着目する次なるビジネスは
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。