次の「本格的バブル」はいつ始まるのか

日本株、今はまだ「最終局面」ではない

筆者によれば「次の本格的なバブル」が着々と準備されているという。では「次のバブル」とは何か(写真:M・O / PIXTA)

一服感が出てきた株価、日本株はバブル状態なのか?

日経平均株価が一時2万円に乗って、数字的にはアベノミクス相場に「一段落的達成感」がでてきた。4月30日は、538円安と今年最大の下げ幅を記録した。

ただ東証1部平均で約19倍前後のPER(株価収益率)は、もう安くはないが、まだ「バブルだ」と騒ぐほどのものではない。

現在が「大相場の仕上げの時期である」との仮説に立つとしても、慌てて売るのはもったいなかろう。

経験則的には、バブルの最終盤には、短期間で大きな値幅を取ることができる投資家にとって「美味しい時期」がやって来ることが、しばしばあるからだ。

「そろそろ終わりだ」と思う投資家も、一気に持ち株を売ってしまうと、後で寂しい思いをするかも知れないし、最悪の場合、後から高値で買い直すような状況にならないとも限らない。

次ページ「次のバブル」のストーリーとは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
インテルの<br>パラノイア的技術経営

インテル中興の祖、アンディ・グローブ。数々の英断で、プロセッサー半導体市場で無双の企業を作り上げた。グローブの愛弟子である、インテル全盛期のトップが語る技術経営の神髄。