TPP交渉が失敗したら、どうなるのか

悪いのは、オバマ大統領と共和党?

大詰めを迎えているTPP交渉。もし合意に至らない場合、どうなってしまうのか(AP/アフロ)

いろいろお騒がせのTPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉は、いよいよ大詰めの局面を迎えている。競馬で言えば、すでに各馬は最終の第4コーナーを回った。競輪で言えば、最後の1周を知らせるジャンが鳴っている。「差せ!」と叫ぶか、「そのまま~」と祈るか。残された時間はそう長くはない。

交渉がまとまりそうなら、5月23日からフィリピンで行われる予定のAPEC貿易相会合に、追加する形でTPP閣僚会合が急きょ開催されるだろう。そこから「大筋合意」への流れが生じるはずである。

ぶっちゃけ、コメは大きな問題ではない

フロマン米通商代表と甘利明TPP担当大臣が、マラソン協議を続けてきた日米交渉も、コメと自動車部品関税以外はだいたい片付いている。なあに、ぶっちゃけコメなんてたいした問題ではないのである。

なにしろ今の為替レートだと、日米のコメに内外価格差はないに等しい。「TPPが通ったら、アメリカはコメを増産して対日輸出してくる!」と懸念する声もあるが、肝心のカリフォルニア州は渇水に苦しんでおり、当面はコメを増産するどころの騒ぎではない。むしろこちらが増産して、アメリカ人に旨い日本のコメを食わせてやりたいくらいだ。

カギを握るのは米議会である。4月に超党派の議員がTPA(貿易促進権限、旧ファストトラック)法案を提出した。これが通れば、オバマ政権の交渉力が一気に強化される。

逆に言えば、合衆国憲法は通商交渉の権限を議会に与えているために、これがないと議会が後から何度でも「交渉のやり直し」を命じることができてしまう。だから交渉参加国は、このTPA法案が通るかどうかを注視している。TPAがなかったら、一切譲歩はしたくない。逆にTPAさえ通れば、実質合意が現実味を帯びてくる。特に、もっとも難関とされる日米合意が見通せるのであれば、ほかの問題は妥協可能に見えてくるだろう。

次ページTPA(貿易促進権限)の行方はどうなるのか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
トランプ相場に乗れ! <br>超成長株・優良株350

日経平均2万円突破は秒読み。米国株も最高値圏が続く。今年の上昇銘柄を見逃す手はない。いま仕込む日米両国の株・投信を紹介。初心者向けに「今年から始める米国投資」も掲載。