【産業天気図・工作機械】今年は史上2位の受注額へ。能力一杯のフル生産続く

7月の機械受注統計は前月比4.3%減となったが、8月の工作機械受注は前年同月比5.2%増。工作機械工業会は、今年の受注総額予想を当初の7%減から5.2%増に増額修正した。修正された予想数字は、史上2位の水準に達する。工作機械産業は目下、能力一杯のフル操業中だ。旋盤大手のツガミが国内5工場を一斉に増設するなど、業界自身が大投資に踏み切っている。当面のリスク要因は中国経済だが、最大の牽引車である自動車業界の設備投資は2008年までは継続する。空模様は好天が続きそうだ。
【梅沢正邦記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
芸人・アナウンサーに学ぶ<br>最強のコミュ力

お笑い芸人にして芥川賞作家・又吉直樹の「伝わる」文章の極意。ベストセラー「話し方の教科書」をもつアナウンサー・魚住りえの「聞き方」講座。コミュニケーション技術を達人に学ぼう。