アシックス、東京五輪スポンサー契約の勝算 

大金を投じた費用対効果はいかに?

記者会見で握手するアシックスの尾山基社長(左)と組織委員会の森喜朗会長

「アシックスとしても1社でやりたいと強く言った」。

4月6日。アシックスの尾山基社長は、都内で行われた東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のゴールドパートナー発表会見で、こう語った。同社は東京五輪が開催される2020年末まで、「ゴールドパートナー」(国内最高位スポンサー)となる契約を、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と結んだ。

アシックスはゴールドパートナーとして、2016年のリオデジャネイロ夏季五輪、2018年の平昌冬季五輪、2020年の東京夏季五輪において、日本選手団の公式ウエアを独占的に担当する。東京五輪では約8万人が計画されているボランティアにもユニフォームを提供する予定。また契約期間中、国内ではスポーツメーカーとして唯一、五輪の呼称・マークを使ったマーケティング活動が可能になる。

従来は、JOC(日本オリンピック委員会)のスポンサーとして、アシックス、ミズノ、デサントの3社が持ち回りで、日本選手団のウエアなどを担当していた。

ゴールドパートナーは1社150億円?

ゴールドパートナー契約は、2015年1月のNTTにはじまり、アシックスで10社目。大会組織委員会はスポンサー収入の目標額を1500億円以上、最上位のゴールドパートナーの契約は10社、を目標としていた。個々の契約金額は公表されていないが、ゴールドパートナーの負担は、単純計算で1社150億円程度とみられている。

アシックスの契約額について、調印式に臨んだ森喜朗・大会組織委員会会長(元首相)が「尾山社長に奮発していただいた」と言えば、尾山社長も「それなりの高い金額」と言う。

なぜ、アシックスはこのタイミングで、単独での大型契約に踏み切ったのか。自国開催となる、2020年の東京五輪を、絶好のマーケティング機会と捉えているからだ。

業績が好調なアシックスだからこそできた単独契約とも言える。今2015年12月期の連結売上高は4230億円、営業利益は330億円と、過去最高の見通し。前期は変則決算だったために単純比較はできないが、実質的には増収増益路線を突き進んでいる。世界第3位のプーマ(前期売上高約3800億円)を追い抜くのも時間の問題なのだ。

次ページ牽引役はランニングシューズ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。