銀座の一等地で、素敵な女将さんの美味しい家庭料理が!!《食べても太らない?! 健康志向のイチオシレストラン 8》

みなさまこんにちは。

自分の体は食を選ぶことから始まります。そんな選び方のご提案をと、お店紹介させていただいております、玄米菜美食コンサルタントのmayuです。

食は自分で選ぶことのできる手段であるからこそ、体の状態を保てるのは自分でしかありません。

食べているもので、体の細胞が作られていくわけですから、それはもちろん精神的にも影響していきます。思考を左右するのが、普段、私たちが口にしている食べ物だと分かれば、やっぱり適当に選ぶ訳にはいきませんよね。

そして、自分の食べたもので、次の世代に引き継がれる訳ですから、責任があります。
「自分さえよければ」「美味しければ」だけで、食事を選んでいませんか?

バランス、バランスと言うけれど、そのバランスを取るのが最も難しい。
 だけど、本当は簡単なんです。
 だって、玄米は完全食ですから。
 あれこれ、食材を組み合わせなくても、シンプルでいいのです。
 白米は炭水化物のみですから、炭水化物を燃焼させるための栄養素が必要です。
 それをありとあらゆるおかずで摂取しなければならなくなると、それはメニュープランニングが大変になるわけです。
 ですが、玄米ですと、炭水化物を燃焼させるための栄養素、つまり、体に必要な栄養素がちゃんと、バランス良く含まれているのです。
 ですから、それが一番シンプルで、あれこれ考えなくても、バランスを保ってくれるのですね。
 それに、バリエーションとして、その季節に採れるお野菜をいただけば、体が快適に過ごせるのです。
 すごく便利ですね~。
 かなりお薦めです。

それに、調理法をお好みに合わせて変化させていけば、和食・中華・イタリアン・フレンチ風とバリエーション豊かに食事を楽しめますね。

それでは、今回は、なんと!!

銀座の一等地にも関わらず、こんなに健康で、美味しい家庭料理がいただける、穴場のお店をご紹介します。

穴場ですから、知る人ぞ知るお店なのですよ。
 銀座の高級クラブが立ち並ぶビルの中に、ポツンとそのお店はあります。
 こちらのお店の名物は、なんといっても女将さん。

たくさんの苦労をされて、そして今、お客様に本当に健康になってもらいたいからと、たったお一人で経営されている敏腕の持ち主。
 以前は、旦那さまと一緒に居酒屋さんを経営されていたそうなのですが、旦那様のご病気が発覚し、それ以来、食生活を改善して、健康食のお勉強をされたそうです。

東城百合子先生という、栄養学の先生が開講されているお教室で、玄米菜食のお料理を学ばれ、それまで持ち合わせていたお料理の腕を掛け合わせた独自のお料理。
 白砂糖など体に負担をかける調味料は一切使わずに、素材の味を引き出し、なおかつ、懐石料理のように、上品で見た目にも美しい健康食をご提供してくださっています。

お店の名前は「あさひな」

ビルの階段を上がって2階にあります。カウンター8席のみの、こじんまりとしたお店です。

一番お薦めの、おまかせコース料理をご紹介。

まずは、インゲンの揚げ巻き鯛の子添え。
お茶は、自家製野草茶。

青菜の胡麻和え。
シンプルに見えるけど、その味付けは絶妙。

「きびなご南蛮漬け」
酸味がほどよく、丸ごといただけるお魚はカルシウムも豊富ですね。

「鯛の昆布シメ・インドマグロ・タコのお刺身」

「湯葉巻き」
姫タケノコが本当にかわいらしい。
彩りもキレイですよね。

お店でNo1の人気メニュー「有機野菜のシャキシャキキャベツサラダマリネ」
確かに、お野菜は最高に美味しいし、これなら何杯でもおかわりできそう。

「空豆コロッケ」
あられが衣になっていて、サックサクで香ばしい歯ごたえ。

個人的には、これが一番ヒットでした。
クリーミーだし、塩味で食べる空豆コロッケは、手間がかかっていて贅沢な品だなと思います。

ホタルイカの酢味噌。
この酢味噌は、旦那様の自家製の味だそう。
その味を受け継いで、長年営まれた居酒屋の味を再現しているのですね。
このお話を聞いたとき、涙が出そうになりました。
思い入れのあるお料理・・・ 愛情が込められています。

「大根葉のお浸し」
さっぱりいただけますね。
大根の葉には、たくさんの栄養が含まれていますから、上手にお料理の1品として出せるのは熟年の技と、食材を愛し、お客様のことを思うからこそできることだと思います。

さぁ、やってきました。
お店の売りである、「じゃこ梅の玄米ご飯」
絶妙なバランスの味です。人気があるのがわかります。

お味噌汁も、お豆腐とお揚げがたくさん、たっぷり入ってました。

自家製のぬか漬け。
しゃきしゃき、濃くない味付けが、お箸を進ませます。

食後のデザートも、こんなに美しい。
豆乳と苺の寒天ゼリー。

すべて、13品出てきました。
どれも、これも、小料理屋とはいえない、本格的な懐石料理で、綺麗な盛りつけと、丁寧なお料理で
本当に堪能させていただきました。

そして、どうしてもご紹介させていただきたい女将さんこと、英子さん。
すっごく、元気で明るくて、前向きで、強くて、繊細で、一生懸命お客様のために尽くしてらっしゃる、
そんなお姿が、とても印象的でした。

メニューは、基本的にコース料理のみになりますが
その日のお腹の空き具合によって、おかみさんがアレンジして下さいますよ。

しかし、銀座の高級クラブやお寿司やお料理屋さんが立ち並ぶ、
いわゆる「THE銀座」的な一等地に、自然食がいただけるお店があるなんて、すごいですよね。

あさひなさんで使用している玄米とお野菜は、栃木県の田島さんという、35年以上前から有機農法で、
しかも、特に手間がかかる「田畑輪換」という農法に取り組んでいらっしゃる、こだわりの農家さんの食材です。
所有している全ての農地に3年がかりで水を引き、3年1サイクルで、米→麦→米→里芋→野菜を1つの畑で繰り返す農法。
これにより、異なる作物から育ったそれぞれの微生物がやがて土に還り、未知成分含有の土壌が生まれ、次の作物を育ててゆくのだそうです。
そうすると、例えば、蕪の葉をゆでると、茶豆の香りがして、他のどのような野菜にもかなわないそう。

「有機生産者の間では、里芋作りの名人と知られている田島さんの産物には、凝縮した生命の農を感じる。この野菜達をほんの少しの伝統製法で作られた調味料で料理をしています」とのこと。
そして
「美味しく、楽しく、身体が喜ぶお料理が皆様をお待ちしています」
と、笑顔の素敵な英子さんがおっしゃってくださいました。

銀座でお酒を飲む前に、身体を元気にしてくれるお食事処へ足を運ばれてみてはいかがでしょうか?


●店名 ぎんざで素食 あさひな
●住所 〒041-0061東京都中央区銀座8-7-21
●TEL 03-3572-0347(完全予約制)
 女将 上野英子 090-5758-4109
●営業時間 17?23時(ラストオーダー22:30)
●定休日 土日祝日
●アクセス
JR山手線 新橋駅  徒歩5分
地下鉄 銀座駅 徒歩6分


** mayu mame知識 **
●二日酔いには?
辛い二日酔いに効果的なものがあります。
それは「梅醤番茶」と呼ばれる飲み物。梅干しに、2,3滴のお醤油をたらし、熱い三年番茶を注いだもの。これは、二日酔いだけではなく、様々な症状に効果的。
例えば、体が冷えているとき、風邪のひき始め、腹痛、元気がない時など。
この時使用する梅干しは、しっかり天日干しされたもので、自然農法、自然塩で作られたものをお薦めします。梅干しには、毒消しや殺菌力が強く、細胞に活力を与え、カルシウムの吸収をも助け、腸の有効菌を育てる役目。さらに、血液を浄化して疲労回復をすることのできる万能食品。
1日1個の梅干しは健康の秘訣になりそうですね。
梅醤番茶は、手軽に飲める瓶詰めのエキスにお湯を注ぐだけのものが自然食品店に売っていますので、オフィスに1瓶置かれておくといいかもですね。
*三年番茶とは、三年間熟成させることにより、カフェインなどの刺激物を取り去った体に優しいお番茶です。麦茶のような味わいの、誰にでも飲みやすいお茶です。


室谷 真由美 むろや・まゆみ
モデルとして、CMやポスター・カタログなどに出演し、女優としてもドラマや映画と活動する中、「玄米菜美食コンサルタント」として、おいしいヘルシーなお料理・マクロビオティックなお店を全国規模で開拓し、280店舗以上食べ歩きブログにて紹介中。また、玄米菜美食を広めるために、毎月定期的に交流会なども主催。オーガニック飲食店にてメニュー開発やヘルシースイーツレシピ提供なども行っている。
取得資格:マクロビフードコンシェルジェ資格認定講師・マクロビクッキングスクール クシマクロコースKIIXプログラム上級終了・ NFS認定ナチュラルフードインストラクター・野菜ソムリエ。
オフィシャルブログ http://ameblo.jp/mayucafe/

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
さまよう被災者<br>原発最後の選択

原発事故は多くの被災者を生み出した。故郷喪失、賠償打ち切りに直面する住民の苦悩は尽きない。追い打ちをかけるように、福島県の一部の畜産農家では乳牛の病死が相次いでいる。