グーグル、次期CFOにモルスタCFOを招聘

ルース・ポラット氏が新天地に

 3月24日、米モルガン・スタンレーはルース・ポラット最高財務責任者(写真左)が4月30日付で退任すると発表した。同氏は退任後、米グーグルのCFOに就任する。ワシントンで2013年4月撮影(2015年 ロイター/Mike Theiler)

[サンフランシスコ/ニューヨーク 24日 ロイター] - 米グーグル<GOOGL.O>は24日、次期最高財務責任者(CFO)に米モルガン・スタンレー<MS.N>のルース・ポラットCFOを起用した。5月26日付で就任する。ポラット氏はモルガン・スタンレーで徹底したコスト削減に貢献した。

モルガン・スタンレーの昨年の報酬を除く支出の対収入比率は29%と、2012年の34%から低下した。

グーグルは自動運転車や眼鏡型インターネット端末など野心的なプロジェクトが増えてコストが急上昇し、一部アナリストから警戒する声が出ていた。このため投資家の間では、ポラット氏のCFO起用でグーグルのコスト削減が進むとの期待が高まった。

24日の米株式市場ではグーグルの株価がCFO交代の報道後に一時2.5%上昇した。終値は2.2%高。

*内容を追加します。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。