東芝「Chromebook 2」、使ってわかったこと

シンプルで軽快なChromeライフとは?

東芝のChromebook 2

アップルが明らかにした、USBポートが1つしかない新しいMacBook。4月10日の発売を前に、ユーザーからは「果たしてメインマシンとして利用できるのか」「価格が高い」「誰に向けた製品なのか」といった声も聞かれる。

筆者はMacBookを見た時、グーグルが生み出したChromebook(クロームブック)に対するアップルなりの答えではないか、という印象を持った。そのChromebookの本命と高い評価を得ているのが、東芝の「Chromebook 2」だ。米国のみで売られているこの機種と1週間過ごしてみたので、その様子をお届けしたい。

東芝「Chromebook 2」の特徴とは

東芝は米国のコンピュータ市場でも、信頼性の点で一目置かれる存在だ。特にノートブックのブランド力はまだまだ強いものがある。そんな東芝が米国市場に送り出したのが、グーグルのChrome OSを搭載した軽快なノートブックコンピュータ「Chromebook 2」だ。

名前からもわかるとおり、同社のChromebookとしては2作目となるこの製品は、1.3kgのボディに13.3インチのHDディスプレイ(1366x768ピクセル)あるいはフルHDディスプレイ(1920×1080ピクセル)を搭載し、Chromebook体験を非常に高いスタンダードへと引き上げた。しかも価格はそれぞれ249.99ドルと329.99ドル。ディスプレイのクオリティを考えると、非常にお値打ち感の高い製品と言える。

次ページブラウザだけが動くノートパソコン
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。