中部電力、この時期に社長交代の理由とは?

東電アライアンスなど具体化へ加速

3月24日、中部電力は名古屋市内で社長交代を発表した。左から新社長に就任する勝野哲副社長、中央が相談役に退く三田敏雄会長、右が会長に就任する水野明久社長

中部電力は3月24日午後、水野明久社長が2010年から5年間務めた社長職を譲り、後任に勝野哲副社長を充てる人事を発表した。正式には6月開催予定の株主総会後の取締役会で決定する。三田敏雄会長は相談役に退く。

4年ぶりの黒字回復が確実に

水野社長は就任1年目の2011年、東京電力福島第一原発事故を受けた政府の要請に沿い、同社唯一の原子力発電所である静岡県御前崎市の浜岡原発4、5号機を停止。以来、3年連続の赤字決算に陥るなど難局に直面していた。

一方で電力システム改革を見据え、三菱商事からの新電力会社買収などをてこに関東への進出を加速。東京電力と燃料調達などで全面的に提携する「アライアンス」合意にこぎつけ、今年4月には新会社が発足、電気料金値上げと経営効率化による4年ぶりの黒字回復も確実な見通しだった。

次ページこの時期でのトップ交代の理由は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
最強コスパで選ぶ保険

保険料というコスト、保障というパフォーマンス。2つのバランスを考えたコストパフォーマンス・ランキングでわかる最強の保険選び。注目の新商品から保険見直しの裏技まで紹介。