ハーレーダビッドソン、「革新モデル」の全容

従来イメージ覆す装いで日本市場にリーチ

自分好みにカスタマイズできることがハーレーの魅力、女性にもコアファンがいる

あのハーレーダビッドソンのバイクが、100万円以内で手に入る――。

二輪車メーカー大手のハーレーダビッドソンが2015年2月末に日本に投入した新型車「ストリート750」は税込みで85万円から。大胆な低価格設定とハーレーらしからぬ排気量は、業界関係者や多くの二輪ユーザーを驚かせた。

国内メーカーと競合へ

ハーレーダビッドソンといえば、大型アメリカンバイクの代名詞。2014年の国内販売台数は1万1408台と輸入二輪車の51%のシェアを占め、2位BMWの4165台を大きく引き離す。1000ccを超えるような大排気量の車種も少なくなく、この「ストリート750」が登場するまでは、最も排気量が小さいものでも883cc、価格も103万円した。

今回投入したモデルは、国内の大型二輪車の主戦場でもある750cc。ホンダやヤマハなどの競合車種とほぼ同じ思い切った価格設定にした。欧州や米国では500ccのモデルも用意する。大排気量モデルを柱とする同社としてはいずれも初めての取り組みだ。

排気量の小さいタイプに触手を伸ばす狙いは、大型二輪免許を取得したばかりの初心者層や34歳以下の若年層の取り込みにある。こだわりのデザインや音、乗り心地の良さに熱狂的なファンが多く、磐石なブランドを築いているハーレーであっても、他の二輪メーカー同様、ユーザーの高齢化が課題となっている。

次ページ開発で重視したこと
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。