課長、勝手に担当を決めないでください 

全員参加ミーティングで納得度アップ

現場のスタッフは管理職に評価・査定され、それが給与や昇格・昇進に影響してきます。部下への評価がきちんとできていないと、現場の不平不満に繋がり、ひいてはスタッフのやる気の低下、チームの業績不振も起こります。『正しい目標管理の進め方』の著者・中嶋哲夫氏が、部下が納得し、仕事へのモチベーションを高める評価のコツをお教えします。管理職、必読です!

鵜飼いの鵜じゃないぞ(怒)

営業マン4年目の佐藤君の怒りはまだまだ続きます。今度は担当業務について文句がありそうです。中嶋先生は目標管理の達人だけあって、佐藤君の怒りの原因をうまく引き出していきます。

佐藤君の怒り①難しい顧客ばかり担当させる!

中嶋:評価面談に対して不満を吐き出したから、少しはスッキリしたかな?

佐藤:はい、でも納得いかないことがまだあります。

中嶋:というと?

佐藤:ボクたちが担当する会社(お客さん)の割り振りに納得がいきません。担当会社を課長が勝手に決めます。どう考えて決めているのか分からないんですよ。ボクなんか難しい顧客ばかりですよ。これってイジメですかね!

中嶋:難しい顧客って、どんな感じなの?

佐藤:技術面で質問攻めをしてきたり、価格要求が厳しかったり、手間のかかる顧客ばかりなんです。こういう顧客相手では達成率が高くなるわけがありません。ほかの営業マンは、もっと楽な顧客を担当しています。それをボクが担当したら業績が上がりますよ。

中嶋:課長は、力のある君に難しい仕事を担当させたんじゃないかな。評価にもそれは加味されていると思うがね。

次ページ不満を生み出す2つの要因
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。