ダルビッシュ、右肘手術実施で今季絶望

「トミー・ジョン手術」を17日に実施

右肘のじん帯修復手術を受けることが決まり、今季絶望となったと発表した。米アリゾナ州サプライズで4日撮影(2015年 ロイター/Rick Scuteri-USA TODAY Sports)

[13日 ロイター] 米大リーグ(MLB)レンジャーズは13日、エースのダルビッシュ有投手(28)が右肘のじん帯修復手術を受けることが決まり、今季絶望となったと発表した。

ダルビッシュはキャンプで5日に先発登板したが、1回を投げて上腕三頭筋の張りを訴えて降板。翌日の検査の結果、右肘の内側側副じん帯を損傷していることがわかった。

手術は「トミー・ジョン手術」と呼ばれるもので、17日にフロリダの病院で行われる予定。施術後はアリゾナのキャンプ地に戻り、リハビリを開始する。

ダルビッシュはレンジャーズでの3シーズンで39勝25敗、防御率3.27の成績を残していた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。