ダルビッシュ、修復手術なら今季は絶望

右肘側副靱帯を部分断裂

右肘側副靱帯を部分断裂していることが判明した

[7日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)レンジャーズは7日、精密検査の結果、ダルビッシュ有投手が右肘側副靱帯を部分断裂していることが判明したと発表した。

レンジャーズはほかの医師の意見も聞くとしているが、ダルビッシュ投手はトミー・ジョン手術と呼ばれる靱帯の修復手術を受けた場合、今季絶望となる。

ダルビッシュ投手は声明で「今季プレーできなくなったら残念だが、セカンドオピニオンも聞いて、あらゆる可能性について検討したい」と述べた。

ダルビッシュ投手は昨季、右肘の炎症でシーズン最後の7週間を欠場。5日のオープン戦に初先発したが、1イニングで降板していた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。