絶不調?「育休明け」ママたちを救え!

東大ママ的「モヤモヤ」乗り越え術

〈職場メンバーにSNSなどで子どものことを知ってもらう〉
復職直後に人事のワーキングマザー先輩から「絶対にいきなり休むことになるから、そのために子どもの顔を同僚に見せておいたほうがいい」とアドバイスされました。知らない子どもが熱を出しても「ふーん」で迷惑としか思えないけど、知っている子どもだと「早くよくなるといいね」になる、と。
あとは「明日休むかどうかわからないけど危ない」ときには、SNSで「ぐったりしていて心配(T_T)」とつぶやいておくことで、正式に休むと連絡する前に、同僚や部署の違う関係者に心構えができるというメリット(?)があります。

子どもが熱を出すときは、「この調子だと明日はまずいかも」と、事前にわかることも多いですよね。事前に「明日もしかしたら休むかも」と同僚に伝えておいたり、翌日休んでもいいように前倒しで仕事をしておく、業務にきりをつけて情報共有をしておくなどが有効でしょう。

実際に休むことになったら、「休めて当たり前」という姿勢だと周囲に軋轢を生むので、普段以上に「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」を大事にしたいものです。たとえば、「Aの件は明日までで間に合うので明日やります」「Bの件はXさんにCの仕事とのバーターでお願いしてあります」「Dの件は夜、子どもが寝てから自宅でやります」「Eの会議はYさん、後でフォローしていただけますでしょうか」…というように仕事に穴をあけない手配ができるといいですね。

(その分、同僚の仕事を増やしていたら、それを上司にきちんと報告する、何か別件でお返しをするなどできるといいですね。負担が増えた分、報酬で再配分されるような仕組みになっていないのが多くの日本企業の現状なので…)

評価制度や賃金体系、人員配置など、組織には構造的な問題もあるとは思います。ただ少なくとも「気を遣われてすぎてモヤモヤする」問題については、育児中社員の扱いにまだ慣れていない職場が多い中、「育児中で多少制約はあっても、この人には仕事を任せられるな」と思ってもらい、お互いに成功体験が積めると少しずつ空気も変わっていく可能性があると思います。

それでもモヤモヤしたら……。こんな意見も。

〈比べない、悩まない〉
復帰後の仕事に関しては、あまり本とか読んでも役に立たなかったです。周りを見てみると、仕事が配慮されすぎて閑職となり不満を抱えるか、大変な仕事で両立に不安を抱えるかの2パターンに分かれます。なお、私は後者になり、仕事を辞めたいと思いかけるに至りましたが、たぶん半年すると慣れてきますので、みんなそんなものだと思うことでしょうか。
次ページ夫を同志に!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
期待のインフルワクチン<br>「埼玉株」見送りの悲劇

「埼玉株」を用いたインフルエンザワクチンは高い効果が期待されていた。しかし土壇場で不採用に。なぜ埼玉株は使用されなかったのか。ワクチン選定をめぐる激しい議論を振り返る。