独SAP、2250人分のポストを削減

新分野で2200人分の雇用を創出

 3月6日、ドイツのソフトウエア大手SAPは、世界全体の人員の約3%に相当する約2250人を削減すると発表した。2013年9月撮影(2015年 ロイター/Cathal McNaughton)

[フランクフルト 6日 ロイター] - ドイツのソフトウエア大手SAP<SAPG.DE>は、世界全体の人員の約3%に相当する約2250人分のポストを削減し、今年、新たに約2200人分の雇用を創出する方針を示した。

クラウドを通じた販売を増やしていることが背景。

クラウド、インメモリデータベース事業などの成長分野で新たに約2200人分の雇用を創出する。

同社は世界全体で約7万5000人を雇用している。

*カテゴリーを変更しました。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビットコイン 天国と地獄

乱高下を繰り返すビットコイン。資産1億円を達成した「億り人」が生まれる一方、含み益が瞬間蒸発した投資家も。ブームの実態に迫る。口座開設から購入、課税までも丁寧に解説。