オークラの世界展開、あの"二の舞"はやめて

<動画>そのローカライゼーションは正しいか

日本のオークラも建て替えが決まりましたが…(撮影:風間仁一朗)

「大丈夫かな……。心配だな……」。夏野剛氏が不安の声を漏らすのは、日本の「おもてなし」についてだ。

日本にやって来る外国人観光客が増えるにつれ、海外でも日本のホテルや旅館の快適さが話題となっている。それをビジネスチャンスととらえ、日本企業が海外進出を加速している。ホテルオークラもそんな1社だ。

1月にはトルコに進出することを発表、2020年までにイスタンブールやアンカラを軸に5ホテルを開業する。そのほかにも2017年にはタイ・バンコク、2018年にはフィリピン・マニラで新ホテルを開業する予定だ。

「現地化」と「手抜き」を混同してはいけない!

この記事は週刊『夏野総研』とのコラボレーションでお届けします

夏野氏は、「この動き自体には大賛成」と話す。「トルコもイスタンブールにはすでに高級ホテルがひしめいているが、ほかの都市はまだまだ。人口を考えれば、大きな市場が広がっている。ぜひ成功してほしい」。

だが一方で、「(オランダ)アムステルダムのホテルオークラは、正直、日本のサービスや高級感をそのまま持って行っている感じがしない。特に食事は、手を抜いている感じがする」と指摘する。

「海外展開においてローカライゼーションは大事だし、オランダは味に関してそこまでうるさくない国であるのも事実。でも、日本のホテルが進出するのであれば、飲食の充実は絶対だろう。ぜひ、(これから開業するアジア各国でも)手抜きはしないでほしい」(夏野氏)。

52年の歴史を持つホテルオークラ東京の本館も、2019年の完成に向け立て替えられることが決まっている。夏野氏は最後に「この節目にきちんと、今までのオークラのクオリティにプラスアルファで世界に通用するサービスを作って、羽ばたいてほしい」とエールを送った。

音量にご注意ください
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。