日本人は、まだ「豪華客船」の楽しさを知らない

世界大手が、日本市場開拓に注力

「ダイヤモンド・プリンセス」は、2004年に三菱重工で建造された客船だ

豪華客船で世界各国を巡るクルージング旅行。日本ではまだまだ馴染みが薄く、「お金持ちの道楽」「年配の方が楽しむもの」というイメージがある。また船酔い、言葉の問題など、二の足を踏ませる要素も多い。クルージング文化がなく、その魅力を具体的に思い浮かべることができないのも、一般に普及しない大きな理由だろう。しかしこの状況は、今後、急激に変わっていくかもしれない。

拡大を続けてきたクルーズ文化

世界3大クルーズ会社のひとつに数えられるプリンセス・クルーズが、今年で50周年を迎えた。1970年代、飛行機による移動が一般的となり、客船業は衰退。代わりに芽生えたのがレジャーとしてのクルーズ文化だ。50周年の同社は業界でも最古参と言える。「プリンセス・パトリシア」という定員400名の小さな船1隻から、同社の歴史は始まった。

現在は世界最大のクルーズ船運航会社である、カーニバル・コーポレーションの傘下に位置し、超巨大客船「クラウン・プリンセス」(定員3082名)など18隻を運航している。プリンセス・クルーズが範囲とする寄港地はアラスカや南米、ヨーロッパ、オーストラリア、アジアなど世界350カ所。毎年約170万人の利用客が船による旅を楽しんでいる。

次ページ日本市場への取り組みは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。