凄惨な「ケンカマッチ」、選手に問われる責任

格闘技試合中の大ケガ、傷害罪が成立する?

東京都の後楽園ホールで2月22日に行われた女子プロレス「スターダム」のメインイベント、世IV虎(よしこ)選手と安川惡斗(やすかわあくと)選手の対戦が、凄惨な「ケンカマッチ」となり、物議を醸している。

報道によると、対戦は世IV虎選手が馬乗り状態で殴り続けるなど、一方的な展開となった。試合はセコンドのタオル投入で終了。試合後、安川選手の顔は血だらけで、頬が大きく腫れ上がっていた。診断の結果、鼻と頬骨を骨折する大けがだった。

競技中のケガは、どんな扱いになる?

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

この試合について、ネットでは「プロレスの範疇を超えている」「もはや犯罪ではないのか?」という声も上がっている。一般的に、プロレスや格闘技などの競技中の試合で、相手にケガをさせたことで罪に問われる可能性はあるのだろうか。刑事事件にくわしい西口竜司弁護士に聞いた。

「私も昔アメフトをやっており、タックルなんかをしておりました。今回の報道を聞いて『プロレスでもこんなことがあるのか』ということで大変驚いてしまいました。この件については、古傷の右膝をさすりつつ考えていました」

西口弁護士はこう切り出した。プロレスや格闘技などの競技中に、他人にケガをさせた場合、どういう扱いになるのだろうか?

次ページ相手を死亡させたケースではどうなった?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。