ホンダ、「グレードやタイプを2割削減する」

山本芳春専務執行役員が言明

 2月4日、ホンダは四輪のグレードやタイプを2割削減する方針を明らかにした。写真は同社のロゴ、2015年1月撮影(2015年 ロイター/ Yuya Shino )

[旭川市 14日 ロイター] - ホンダ<7267.T>は四輪車の品質を確保するため、同一車種で展開している仕様(グレードやタイプ)を現状から全体で2割程度減らす方針。山本芳春専務執行役員が14日までに明らかにした。

主力小型車「フィット」などでリコール(回収・無償修理)が相次いだ背景の1つに、「開発現場での仕事量の多さ」(山本専務)があると判断。現場での負担を減らすことで品質向上につなげる狙い。

四輪車販売では各市場での需要に応じて1つの車種で複数の仕様を設定するのが一般的だが、商品構成の多様化が長時間労働や非効率化につながり、開発の現場に負荷をかけている可能性があるという。

山本専務は、タイプやグレードなどの多さによって「結局、ホンダらしさがどんどん薄れ、現場も大変になり、効率も悪くなる。それなら、もう少し1台1台を作り込んだほうがいいのではないか」と述べ、「いきなりは減らせないが、開発量を現状から徐々に減らそうという動きになっている」と語った。

(白木真紀)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。