4000円の投資で、iPhone6が快適になった

強化ガラスプロテクターの意外な実力

当連載は、スマートライフを実現するためのガジェットを紹介するコーナー。ここで紹介する商品は、筆者が実際に使用した(している)ガジェットの中から、「いいもの」だけを厳選している。当該企業から広告費などはもらっていない、中立なレビュー記事である。

 

みなさんはスマートフォンの画面にフィルムを貼る派だろうか。それとも、そのまま使う派だろうか。筆者はかなり長い期間、そのままの状態で使って来た。つるつるとしたスマートフォンのガラス面の生の感触が心地良いと感じていたからだ。

しかし、5.5インチのiPhone 6 Plusを持つようになり、一度落下させたことから考えが変わった。この時はケースをつけていたので無傷だったが、やはりディスプレイも保護した方が良い、という考えに変わった。

そこで、Simplism社の「Frame Glass Protector Anti-glare for iPhone 6 Plus」を選んだ。この製品は、カッターでも傷をつけられない9Hという表面硬度を誇る、反射防止と指紋が付きにくいタイプのガラスプロテクターだ。

このガラスを貼り付けてしばらく使っているが、サラサラとした表面は、指の滑りも非常に心地よく、指紋もつきにくい。アンチグレアであるため、画面のシャープさはガラスを貼り付ける前よりも劣るが、反射を抑えることができる分、屋外では非常に見やすくなった。

同社がこのガラス1枚に込めるこだわりの前に、スマートフォンとガラスの話を枕に始めよう。

スマートフォンのガラスの進化はきりがない

スマートフォンを使っていて誰もが不安に感じているのが、落下による画面を覆うガラスの破損。いくら注意していても、常に持ち歩いて使っているモバイルデバイスに、不意の事故はつきものだ。

特に画面の拡大と薄型化による利便性向上と、ガラスの強度の向上は釣り合っていないように思われる。アップルはGT Advanced Technologiesというサファイアガラス製造の企業に投資をした。

しかし同社は米国で破産法の適用を申請し、アップル向けのサファイアガラスの供給には至らなかった。ちなみに、アップルのプロダクト向けに建てられた新しい工場はデータセンターに転用されることが決まっている。

次ページ強度や傷の付きにくさ以外にも差
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。