ドル一時119円台、米雇用統計を好感

FRBは今年半ばまでに利上げか

 2月6日、中盤のニューヨーク市場はドルが上昇した。写真はドル紙幣。ソウルの銀行で2013年8月撮影(2015年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 6日中盤のニューヨーク外為市場は、ドルが主要通貨に対して上昇した。朝方発表された1月の米雇用統計が底堅く、米連邦準備理事会(FRB)が今年半ばまでに利上げに踏み切るとの見方が広がった。

1月は非農業部門の新規就業者数の伸びが25万7000人と市場予想の23万4000人を上回った。時間当たりの賃金も増加したほか、昨年11月と12月の数字も大幅な上方修正となった。

ドル/円<JPY=>は約3週間半ぶりの高値となる118.995円をつけた後、1.22%高の118.96円で取引された。

ユーロ/ドル<EUR=>は1.31%安の1.13275ドルだった。

ドル/スイスフラン<CHF=>は0.73%高の0.92805スイスフランだった。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
IS掃討後も混沌続く中東

IS(イスラム国)の敗退が明らかになりつつある。その掃討に貢献したクルド人勢力が独立の動きを見せ、中東の新たな火種に。特にイラクとシリアで一層の混乱が懸念されている。