開発系女子、バレンタイン男女比問題に悩む

エンジニア業界は女性が少ないから大変

さて、2月14日は恒例のバレンタインデーです。その直前の数日は、職場で先輩、後輩を交えて女子が集まり、「今年の会社チョコはどうしましょうか」といった、ちょっと面倒な相談が始まる時期だと思います。

エンジニア業界の会社は、だいたい男女比率が極端に偏っており、女性がとっても少ないのです。その少ない人数で、会社の男性陣に配るチョコを考えるところに難しさがあります。

けっこう出費がかさむのです。かといって、安っぽいのもつまらないしなぁということで、昼休みに作戦会議を何度か開いたりします。

無事バレンタインの当日を迎えて、ほっとするのですが、そっちばかりに気を取られていると・・・・。会社のチョコに気をとられてしまい、肝心のパートナーへのチョコレートの手配を忘れてしまうことも。皆さんは、そんなことのないようにしてください。

今週は11日が建国記念日でお休み。月曜日と火曜日のお仕事を頑張れば、1日休みを挟むことができます。元気を出していきましょう!

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働く若者へ<br>ワークルールで身を守ろう!

「バイトのシフト入りを強要された」「残業代が適切に払われない」…職場で理不尽な目に遭うこともある。そこで役立つのは労働法=ワークルール。学んでおけば自分を守る武器となる。