こだわり派のキーボードは「無刻印」

優美なプログラミングには道具が肝心

エンジニアの仕事道具といえばパソコンです。
そのパソコンでも、キーボードにこだわりのあるエンジニアって結構いたりします。

東プレの静電容量無接点方式のキーボード、「REALFORCE」はかなり普及しているのでご存じの方も多いと思います。今回、ぼへちゃんのお友達が使っているキーボードをのぞき込むと、なんと真っ黒。キーに文字の刻印がありません。

ブラインドタッチができるのであれば、確かに不要なわけですが、何も書かれていないとは!

どうやら、PFUの「Happy Hacking Keyboard HHKB Professional2 無刻印モデル」を使っているようです。

上記のサイトにある商品紹介には次のように書かれています。

刻印のない”鍵盤”の前に佇み、そっと目を閉じてみる。その心地良い打感に酔いしれてみて欲しい。ピアニストが繊細な旋律を奏でるように、作家が愛用の万年筆で華麗な文学を書き下ろすように、優美なプログラミングを堪能してもらいたい。

 

優美なプログラミング・・・。そう、もう芸術の域に達しているようです。あなたの隣の人はどんなキーボードを使っていますか?

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
米中接近の真実

昨年の米大統領選で、トランプ氏は中国に対して攻撃的だった。大統領就任後は、打って変わって融和的だ。ポイントは北朝鮮問題。流動的な米中関係の狭間で日本が進む道を示す。