村山元首相が中国メディアに語った内容

<動画>安倍首相による「村山談話変更」を牽制

© Copyright CCTV. The content in this story, including video and script is provided by China Central Television (CCTV) and is copyright CCTV. Thomson Reuters does not guarantee the accuracy of, or endorse the views or opinions given in, this package.

中国中央電視台(CCTV)は1月25日、上記の動画ニュースをロイターを通じて世界に配信した。このビデオニュースによると、村山富市元首相(90歳)は25日、CCTVの取材に対し、「安倍首相が村山談話を変えると発言しているが、それは不可能」と述べた。

安倍首相は25日、出演したテレビ番組の中で、新たに発表される「戦後70年の首相談話」では、1995年の村山談話に盛り込まれた「植民地支配」「侵略」というキーワードを変更する可能性があることを示唆した。

これに対し、村山氏は次のように反論した。「村山談話は、日本の進むべき道を示すとともに、世界への誓約となった。これを変えたり修正することはできない。諸外国は、『日本は何を考えている、何がしたいのだ』と思うだろう。それは、日本の信頼低下につながる。安倍首相が新しい談話を発表すると言ったが、あらゆる点から考えて、村山談話を変えることはできないだろう」。

村山談話は、日本が植民地支配と侵略によって、アジアやその他の国々に「多大の損害と苦痛」を与え、その過ちを未来に繰り返さない旨が述べられており、村山氏はその趣旨についても説明した。

CCTVが配信したこのビデオの末尾には、戦時中の写真も組み合わされている。村山談話修正の動きをけん制する意図があることは間違いない。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。