島耕作とほぼ日のコラボはこうして生まれた

学生編と手帳はファン垂涎の組み合わせだ

東洋経済オンラインに集いし、労働者、学生、市民諸君!「若き老害」こと常見陽平である。
『巨人の星』風に言うならば、私は今、猛烈に感動している。何かというと、『課長 島耕作』を代表作とする人気漫画シリーズの新作『学生 島耕作』が超絶面白いからだ。そう、私は島耕作が大好きなのである。単行本は全巻持っていて、しかも何度も読み返している。後に結婚する大町久美子との行為の回数まで熟知しているほどである。島耕作ファンなら当然だけどな。
その『学生 島耕作』だが、コピーライターの糸井重里氏が主宰する東京糸井重里事務所が開発・販売する「ほぼ日手帳」とのセットアイテムが登場した。その名も『学生 島耕作(1)限定版 ほぼ日手帳WEEKS 2015付き』(講談社キャラクターズA)。単行本1巻とほぼ日手帳が同梱されている商品である(下写真)。
幅広い年代に愛される島耕作と50万人が愛用する、ほぼ日手帳。両雄ともビジネスパーソンの絶大な支持を得るコンテンツだ。これは超絶良コラボ!なぜ、どうやって実現したのか。その裏側を知りたいと、講談社と東京糸井重里事務所に取材を依頼。2社の担当者との座談会が実現した(敬称略)。

「みんなが使えて、欲しいもの」

常見陽平(以下、常見) 最初に言いたいことがあります。今回は、この「神コラボ」に感動しました。島耕作ファンとして、たまりませんよ、これ。私は、この商品の発売の噂を聞き、いてもたってもいられず、アマゾンで、秒速で予約しましたが、ちゃんと買えて安心しました。このコラボは、どのような経緯で生まれたのでしょうか?

講談社イブニング編集部・岩崎志子(以下、岩崎) 私たち講談社からご提案させていただきました。

講談社 イブニング編集部 岩崎志子氏

きっかけは『学生 島耕作』のスタートです。「脱サラリーマン」の学生編がはじまり、より多くの人に作品を知ってもらうために、第1巻が発売するタイミングで「何かコラボアイテムをセットにできないかな?」という話が持ち上がったんです。

そこで「みんなが使えて、欲しいものはなんだろう」と考えた時に、「ほぼ日手帳だ!」ということで盛り上がり、さっそくご相談しました。

常見 これ、学生っぽい、しかも島耕作が通っているという設定の早稲田大学っぽくて素敵です。

岩崎 単行本の限定版、特装版の制作を担当している弊社の角谷(謙二)が島耕作と同じ早稲田大学出身ということもあり、連載開始当初から「何か単行本に付けましょう」と積極的に声を掛けてくれたんです。

常見 稲門なのですね?

講談社ライツ事業局・角谷謙二 はい。せっかくなので早稲田らしさのあるアイテムを付けたいなと。

次ページほぼ日はアプローチをどう受け止めた?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。