グリー田中社長、「狙うことで波に乗った」

創業10年、過去・現在・未来を語る(1)

田中良和(たなか よしかず)●グリー社長。1977年2月生まれ、日本大学卒業後、ソニーコミュニケーションネットワーク(現ソネットエンタテインメント)、楽天を経て2004年にグリーを創業した(撮影:風間仁一郎)
グリーは2014年12月7日に設立10年の節目を迎える。ソーシャルゲームの雄として、ピーク時の2012年6月期には売り上げ1582億円、営業利益827億円を叩きだしたグリーも、その後は海外拠点の閉鎖、希望退職などを実施。拡大一辺倒だった事業体制の見直しを進めて現在に至っている。
大きな山と谷を経験した田中社長に、過去10年を振り返ってもらうと同時に、現在、力を入れていること、今後の展望について、ジックリと聞いた。長いインタビューなので、4話に区切り、4日連続でお届けする。

 

山田:グリーは会社設立から10年です。

田中:そうですね。12月7日で10周年になります。

山田:今回、10年の振り返りと、ここ最近の2~3年の反省も伺いつつ、今後の10年の展望を伺いたいと思います。

振り返ってみてターニングポイントというか、「ここで、こう決断したから今がある」という重要な決断は何でしょうか。

田中:まず1つ目は、そもそも会社をつくったことです。今でこそソーシャルメディアとかモバイルゲームっていえば、当たり前の世界ですけど、その当時は、そもそもそういうコミュニティサイトは、おカネにならないものだっていう見方が多かったんですよね。そういった中で「これで会社をつくろう」と思ったこと自体、大きなターニングポイントだと思います。

山田:翌2005年には、もうベンチャーキャピタルから資金調達していますね。

田中:そうです。そこまでがある意味、第1章の中での大きな決断だったと思います。でも、会社をつくってみたのはいいんですが、僕も楽天でしか働いたことがなかったから、ベンチャーってつくったら、うまくいくものなのかなっていう、フワッとした感じで始めたんですよね。

山田:楽天の前にはソニーコミュニケーションネットワークにいましたよね。

人も入ってこないし、事業も伸びない

田中:そのあと楽天に行って、そしてそのあとに会社をつくりました。楽天しかっていうのは、創業オーナーがいるベンチャーとしては楽天しか見てなかった、という意味です。だから会社というものは、つくれば成功するものなのかなって、フワッと思っていたんです。でも、そんなわけがないということを、始めて1カ月、2カ月するとわかるわけです。人も入ってこないし、事業も伸びないし。

次ページすでに目の前にはミクシィがあった
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。