「Apple Watch」は、意外に大化けするかも

iPhoneとの連携で何ができるのか

Watch Editionは18金のケースで登場する。バンドの含めて、非常にファッショナブルな雰囲気を楽しむ事ができる

アップルは米国時間11月18日、「WatchKit」を同社の開発者向けウェブサイトに公開した。これにより、アプリ開発者は、既にiPhone向けに公開しているアプリを腕時計型デバイス「Apple Watch」に対応させることができるようになる。既にiPhoneを使っている人がApple Watchを手に入れると、普段使っていたアプリがApple Watchと連携するようになるのだ。

WatchKitが公開されたことによって、9月9日に筆者が体験したプロトタイプによるデモよりも、詳細に分かったことがある。それはApple Watchそのもののディスプレイや操作方法に関する詳細と、Apple Watchで動作するアプリがどんな動きをするのか、ということだ。

より詳しい情報が明らかに

Apple Watchは、これまで、42mmと38mmという画面サイズは示されていたが、解像度までは特に言及されてこなかった。しかし、これらの画面サイズはそれぞれ、312×390ピクセル、272×340ピクセルと案内された。またApple Watchのディスプレイは、iPhoneと同様の高解像度ディスプレイ「Retina」であるため、解像度にして2倍の画像を使用するようガイドされている。

この解像度は、スマートウォッチとしては標準的なレベルと言える。LG G Watchは280×280ピクセルの正方形、Samsung Gear Liveは320×320ピクセルの正方形。Moto 360は290×290ピクセルの正円、LG G Watch Rは320×320ピクセルの正円となっている。

Android Wear系のスマートウォッチは正方形や正円のディスプレイを有しているのに対し、Apple Watchはいずれのサイズも4:5の縦長の比率となっている点が違いと言える。

次ページ多様な操作方法
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。