誕生!「霧状の水」がタッチスクリーンに

<動画>空中で"タッチ"して操作できる

このタッチスクリーンは、SF映画の中にしかない未来の材質でできているように思えるかも知れない・・・・しかし実際は霧の壁にすぎないのだ。

マルチメディアプロジェクター、およびモーションセンサーと組み合わせることで、霧状の水は高解像度の映像を映して操作する方法になった。

ポーランド人エンジニア、ダニエル・スクーテラ氏は、レイア・ディスプレイ・システムの開発者の1人だ。

LDSスクリーンの製造者、スクーテラ氏が語る。「わたしたちのデバイスは映像のベースとなる霧状の水の極薄の層を放射します。通常のマルチメディアプロジェクターを使用して、そこに映像を映せます。でも、そこを歩いて通り抜けることも、手を差し入れることもできます。映像はまるで空中に浮かんでいるように見えます」。

博物館での利用に大きな可能性

ナレーションはすべて英語です(音量にご注意ください)

ワルシャワのガレージで開発を始めたスクーテラ氏と彼のプログラマー、マルチン・パネック氏は当初、イベント産業やエンターテイメント産業を彼らの製品のターゲットにするつもりだった。

しかし、もっとずっと多くの利用可能性があると彼らは言う。パネック氏が語る。「イベント産業市場を念頭にレイアを作成したものの、わたしたちは毎日新しい応用法を発見しています。たとえば、見学者の興味を引く必要のある博物館などに非常に大きな可能性があります。レイアはそれにぴったりです」。

これらクリエイターたちによれば、彼らの発明は画像がぼやけてゆがんでしまうことのあるスチームでできたものより、ずっと安定した映像を提供するという。さらに、部屋全体を横切るように並べて設置できる複数のユニットを使えば、潜在力は無限だと彼らは考えている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。