イオンが鳴らしたドラッグストア再編の号砲

「4社統合で業界首位」の先に見据える野望

「ウエルシア」はイオングループのドラッグストアで中核存在だ(撮影:大隅 智洋)

「小売り、デベロッパー、金融などに加えて、大きな新しいビジネスの柱を確立する」――。

主力のスーパー事業で苦戦しているイオンの岡田元也社長が、新たな収益柱として打ち立てたのがドラッグストア事業だ。

イオンは22日、グループのドラッグストア4社を2015年9月に統合すると発表した。業界6位のウエルシアホールディングスをイオンの子会社として、その傘下に同10位のCFSコーポレーション(ハックドラッグ)など3社を入れる。

売上高でドラッグストア首位に急浮上

イオンが224億円を上限にTOB(株式公開買い付け)を実施し、ウエルシアの株式保有比率を過半数に引き上げた後、ウエルシアがCFS、タキヤ(兵庫県尼崎市)、シミズ薬品(京都市)を子会社化する。

売上高の単純合計は5000億円を超え、マツモトキヨシホールディングス(売上高4953億円)を抜いて、一気に業界首位に浮上する。ただ市場関係者の反応は薄く、一様に「何も驚きがない」と話す。ウエルシアの件については4月に発表済みだったこともあるほか、「合併で成長できた会社はない。本業の立て直しが先だ」と厳しい声も聞かれた。

そもそもイオンにとって、ウエルシアは持ち分法適用会社でこれまでも提携関係にあったが、イオンがやれたことはATMの導入ぐらいで、何も相乗効果が出ていない。

次ページ子会社化で何が変わる?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。