Facebookは、すでに「マスメディア」である

第1回 高まる広告メディアとしての価値

写真:maxkabakov / Imasia

東洋経済オンラインの読者の皆様、こんにちは。Facebook Japan代表取締役の岩下充志です。

このたび、この場をお借りして、インターネットのモバイル化や、情報流通量の増加で重要性が高まっているパーソナライゼーション、そしてマルチデバイス化によって注目を集めているデータに基づいたアドテクノロジーなどについて紹介します。そして、いくつかの観点から、日本のマーケティング市場がどのような状態にあり、その中でFacebookがどのように動いているのか、数回にわたってご説明をしていきます。どうぞよろしくお願いします。

第1回では、私の簡単な自己紹介、Facebookの現状、日本の広告業界のトレンドなどをお伝えしたいと思います。

Facebookには3つのPがある

私は電通の広告営業マンとしてキャリアをスタートし、その後ボストン・コンサルティング・グループのコンサルタント、日本マクドナルドのCMO、インターブランドジャパンの社長として経験を積んできました。Facebookを選んだ理由は、一言で表すならば「Why not?」、つまり、選ばない理由がなかったからです。

より具体的には、Potential、People、Partyという、「3つのP」に惹かれたからです。Potentialというのは、Facebookに秘められたメディアおよびビジネスとして可能性のことで、Peopleは、CEOマーク・ザッカーバーグやCOOシェリル・サンドバーグを始めとする、世界中から選りすぐられた才気溢れる人たちと一緒に仕事ができるということ。そして最後のPartyは、世界を変えてやるんだと、楽しみながらも真剣に打ち込んでいるFacebookの面々から伝わってくる熱気と興奮のことです。5年経って振り返ったときに「あのときのFacebookは異常だった、すごかった」と思える状況に見えたのです。

次ページ2013年からFacebookはフェーズ2へ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。