新型iPad発表、アナリストたちは辛口評価

「印象的だったのは、iMacの5K retinaくらい」

 10月16日、アップルはアイパッドの新機種「エア2」と「ミニ」の2種類を発表した。写真はカリフォルニア州の発表会場で16日撮影(2014年 ロイター/Robert Galbraith)

[クパチーノ(米カリフォルニア州) 16日 ロイター] - 米アップルは16日、モバイル機器をめぐり熾烈な争いが想定される年末商戦に向け、タブレット端末「iPad(アイパッド)」の新機種「iPad Air(アイパッドエア)2」と「iPad mini(アイパッドミニ)3」の2種類を発表した。

アイパッドエア2は従来機種よりも薄く、処理速度も速い。指紋認証機能「タッチID」も搭載されている。

販売価格は499ドルから。17日に事前予約の受付を開始し、出荷は来週から始まる。

アイパッドミニ3の価格は399ドルから。

アップルのマーケティングを統括するフィル・シラー氏はアイパッドエア2を世界最薄のタブレットと称し、タッチIDのほか、反射防止スクリーンが搭載されていると説明した。

また、アイパッドエア2では、スクリーン上のアイコンをスワイプ(画面上で指を滑らせる動作)することによって、通信キャリアの切り替えがはるかに容易となる。

同社によると、これはアイパッドエア2に搭載されたニュートラルなアップルSIMカードにより可能となる。この機能により、利用者は短期のサービスプランを契約し、アイパッドを使ってキャリアを切り替えることが可能になるという。

このSIMカードは米国でAT&TやTモバイル、スプリントの高速ネットワークに対応している。米キャリア最大手のベライゾン・ワイヤレスのサービスを受けるには、別のベライゾンSIMカードをインストールする必要がある。

新機能により、利用者は通信量や接続環境、料金などをめぐる月単位の必要性に応じてキャリアを切り替えることが可能となる。また、アップルによると、旅行者は国際的なキャリアのネットワークに接続し、アイパッドを通じて一時的な契約を結ぶことも可能になる。

ただ、ハイテク関連調査会社ガートナーによると、今年のタブレット機器販売はわずか11%の伸びにとどまることが予想されているほか、多種多様なハンドヘルド機器が市場にあふれる中、アップルは苦戦を強いられる可能性がある。昨年のタブレット販売は55%増加していた。

アップルはまた、ハイエンドのディスプレー「5K retina」を搭載したパソコン「iMac(アイマック)」の新機種を発表。新アイマックは新たな基本ソフト(OS)「ヨセミテ」を搭載し、価格は2499ドル。

アップルはこれに先立ち、20日に新電子決済システム「アップル・ペイ」サービスを開始すると発表した。500の金融機関と新たに連携したという。

また、ティム・クック最高経営責任者(CEO)は、スマートウォッチ「アップル・ウォッチ」向けのアプリ開発が始まったことも明らかにした。

アップル・ウォッチの販売は2015年からだが、同CEOによると、ソフトウエア開発キットは今年11月から入手可能になるという。

一方、アナリストらは辛口の評価を示した。

アップルのイベントに出席したガートナーのアナリスト、バン・ベーカー氏は「率直に言えば、印象的だったのはアイマックに搭載された5K retinaだけだ」と指摘。「その他はアイパッドにこれまで見てきたような改善が加えられたにすぎない」と述べた。

業界では12インチ強のディスプレーを搭載したアイパッドが発表されるとの見方もあったが、肩透かしとなった。

フォレスター・リサーチのアナリスト、J.P.ガウンダー氏は「アイパッドを高成長に回帰させるためにはフォームファクターの刷新が必要だ。アップルがこの問題に対処するかどうか2015年まで待たなければならない」と述べた。

*内容を追加します。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。