天に問う手紙 小林弘忠著

天に問う手紙 小林弘忠著

渡辺はま子の歌う「モンテンルパの夜は更けて」。この歌で、フィリピンに拘留されたBC級戦犯を救援しようとする運動は一挙に盛り上がった。死刑執行におびえ故国への帰還を待ちわびた100人を超す受刑囚はいかにして励まされ続けたか。彼らが冤罪を免れてようやく日本の地を踏んだ時、敗戦から実に8年の歳月が経過していた。

その陰には、復員局職員植木信吉の役人の分を超える活動と、現地で4年間まさに粉骨砕身、受刑囚を励まし助命活動を続けた仏僧加賀尾秀忍の存在があった。特に植木の執念は、保身や出世とは無縁の生き方として極めて印象的だ。

刑務所生活、留守家族の思い、会報「問天」発行の苦労、救援記録、フィリピンの反日感情と戦後賠償問題など、
記述は時に詳細にすぎるほどだが、意表つく死刑執行の衝撃、モンテンルパの歌の誕生秘話、妻子を日本軍に殺されたキリノ大統領の苦悩など起伏もあり、後日談の後味もいい。(純)

毎日新聞社 2310円

  

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
東芝が消える日<br>16万人の社員はどこへ行く

巨額の債務超過で、上場廃止が迫る。2度延期したあげく、監査法人の承認がない「意見不表明」の決算を発表。社内では「もうやってられない」という社員の声も。東芝マンはどこへ行く?