まず汗を出せ、汗のなかから知恵を出せ

机の上で考えていても、生きた知恵は出てこない

昭和の大経営者である松下幸之助。彼の言葉は時代を超えた普遍性と説得力を持っている。しかし今の20~40代の新世代リーダーにとって、「経営の神様」は遠い存在になっているのではないだろうか。松下幸之助が、23年にわたって側近として仕えた江口克彦氏に口伝したリーダーシップの奥義と、そのストーリーを味わって欲しい。(編集部)

 

この話は、いつごろの話であったかは定かではない。しかし、季節が夏で、松下幸之助が、ベッドに座って、ゆっくりと団扇(うちわ)を使っていた光景だけは、鮮やかに思い出すことが出来る。

某経済誌のインタビュー記事を思い出した

休日であった。朝からの呼び出しで、午前中の仕事が終わり、昼食をした後だった。しばらく雑談。そのとき、私は、ふと、某経済誌に載っていた、ある経営者のインタヴュー記事を思い出した。その内容は、忘れたが、経営者の写真があった。その写真のなかで、経営者の後ろの壁に、大きな墨文字で書かれた、一枚の縦長の額も写っていた。

その額の言葉は、「知恵を出せ。それが出来ない者は汗をかけ。それが出来ぬ者は去れ」であった。その言葉を見たとき、なるほどと、いたく感心した。そうか、よく考えて知恵を出さなければならないんだ。それが出来なければ、行動し活動し、汗を流すことが大事なんだ、と思った。

プレハブ住宅の建設会社。かなりの成功をおさめていた。さすがと思いつつ、だから、このとき、この言葉は、この経営者の言葉と疑うことはなかった。しかし、この言葉が土光敏夫(1896-1988、東芝社長・経団連会長)の言葉であることを知ったのは、後日のこと。まさか、土光の言葉とは、知る由もなかった。

私は、松下と雑談をしながら「先日、あるプレハブ住宅の社長がご自分の考えをまとめて、それをモットーにしているようで」と既述の言葉を松下に話をした。松下も、同調するだろうと思ったところ、怪訝そうな顔をしてこう言った。

次ページ松下幸之助が発した意外な言葉とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。