「自主自立の心持ちが、大事やね」

政府に頼る、国に頼るということをしなかった

昭和の大経営者である松下幸之助。彼の言葉は時代を超えた普遍性と説得力を持っている。しかし今の20~40代の新世代リーダーにとって、「経営の神様」は遠い存在になっているのではないだろうか。松下幸之助が、23年にわたって側近として仕えた江口克彦氏に口伝したリーダーシップの奥義と、そのストーリーを味わって欲しい。(編集部)

 

松下幸之助の生涯を貫いていたものは、「孤独」であったのではないかと思う。
和歌山県海草郡和佐村で生まれたときは、家はかなりの資産家であったらしい。8人兄弟の末っ子。のんびりとして過ごしていたと思う。

しかし、4歳のとき、父親の政楠(まさくす)が米相場に手を出し、失敗。先祖伝来の土地も家も売却。かくして松下家は没落。一家は離散。幸之助は9歳、小学校4年生で中退する。母親に見送られて、大阪の船場にある火鉢屋に奉公に出る。

誰も助けてくれることはなかった

こうして、以降、松下は、一人で生きていくことになる。「孤独」の状況ゆえに、自分で考え、自分で決断して、行動し、結果は自分で、責任を取らなければならなかった。誰も助けてくれることはなかった。涙を流し、歯を食いしばって、ひたすら自分を頼りに日々を過ごさざるを得なかっただろう。

松下は、そういう日々を過ごしながら、次第に自主自立の精神を身につけていく。どんな状況でも、どのような環境でも、最終的な痛みは自分が感じることを学んだのであろう。   

孤独である経営者になっても、だから、その自主自立の思いは揺らぐことはなかった。松下幸之助は、松下電器の発展の過程であろうと、その規模がいかに大きくなろうと、ほとんど他者に頼ることはなかった。むろん、政府に頼る、国に頼るということもしなかった。

次ページしがらみを嫌悪していた
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。